2005年12月25日

AddressCatcher

と、その前に。
NY5.5にはアドレスキャッチャーという補助ソフトが付いてきます。
ブラウザやメーラー、その他文書などに郵便番号、住所、電話番号などが書かれていると、そこからNY5.5に情報を渡して位置を表示するソフトなのですが、それがXP SP2では動作せず、動作しないどころかフリーズの原因になってしまうという不具合がありました。
2chにSP2でアドレスキャッチャーを動作させる方法が載っていたので、やり方を書いておきます。

1.ロボワード(アドレスキャッチャーの中で、文章から単語を拾い出す役割を果たしているソフト)のSP2対応パッチをダウンロード。
2.実行し、途中で中断(終わらせないで放置しておく)。
3.Tempフォルダ(通常はC:\Documents and Settings\*******\Local Settings\Temp:******はログイン名)のどこかにdata1.cabというファイルが出来ているので、これを↓に挙げたXacRettで解凍。
4.解凍した中のRmNT.exeとRmNT.dllをsystem32フォルダ(通常はC:\WINDOWS\system32)に上書きコピー。
5.ロボワードのアップデートをキャンセルし、終了。

アドレスキャッチャーの不具合を回避するためにフォルダ名やプログラム名を変更していた場合は、元に戻せば動作します。

注:このやり方はロボワードアップデータの著作権に抵触するおそれがありますので、真似する人は自己責任でお願いします。
posted by RoadRunner at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/225001

この記事へのトラックバック