2005年12月25日

AddressCatcher

と、その前に。
NY5.5にはアドレスキャッチャーという補助ソフトが付いてきます。
ブラウザやメーラー、その他文書などに郵便番号、住所、電話番号などが書かれていると、そこからNY5.5に情報を渡して位置を表示するソフトなのですが、それがXP SP2では動作せず、動作しないどころかフリーズの原因になってしまうという不具合がありました。
2chにSP2でアドレスキャッチャーを動作させる方法が載っていたので、やり方を書いておきます。

1.ロボワード(アドレスキャッチャーの中で、文章から単語を拾い出す役割を果たしているソフト)のSP2対応パッチをダウンロード。
2.実行し、途中で中断(終わらせないで放置しておく)。
3.Tempフォルダ(通常はC:\Documents and Settings\*******\Local Settings\Temp:******はログイン名)のどこかにdata1.cabというファイルが出来ているので、これを↓に挙げたXacRettで解凍。
4.解凍した中のRmNT.exeとRmNT.dllをsystem32フォルダ(通常はC:\WINDOWS\system32)に上書きコピー。
5.ロボワードのアップデートをキャンセルし、終了。

アドレスキャッチャーの不具合を回避するためにフォルダ名やプログラム名を変更していた場合は、元に戻せば動作します。

注:このやり方はロボワードアップデータの著作権に抵触するおそれがありますので、真似する人は自己責任でお願いします。
posted by RoadRunner at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア

Navin'You5.5 その1

書かないと忘れてしまいそうなので、とりあえず思い出した順に書いていきます。
まずはNavin'you5.5(以下NY55)で最新のカーナビ用地図(ゼンリン全国版拡張フォーマット専用:以下ZZF)を利用する場合のTips。
Windows2000とXPではCDの扱いが違い、そのためにやり方が違うので、まずはXPから。

NY5.5にはバージョンがいくつかあり、大きく分けるとDVD版(以下NY5.5DVD)とそれ以外の2つに分かれます。
NY5.5DVD以外は、何も小細工はいりません。そのままCDドライブにZZFを入れれば読めます。
NY5.5DVDは、そのままではZZFのCDが読めないため、DVD版以外のバージョンを何とかして手に入れ、手に入れたCDの中の\Navin' You\NY\data2.cabをXacRettなどで解凍し、中にあるNaviken.dllとVolMan.dllをC:\Program Files\Sony\Navin' You\System\に上書きコピーします。
これでZZFのCDが読めるようになりますが、今度はNY5.5DVD付属の全国詳細版DVDが読めなくなるのが痛し痒し(>_<)。
何しろCDとDVDでは情報量が違います。CD版は50mスケールですから↓のように市街地でも道路しか表示されませんが、
ZZF.jpg
↓DVDは建物の形まで分かるぐらい精細です。
DVD.jpg
なので、少しぐらい古くてもいいから、拡大図が見たいというシチュエーションは必ずあるんですよね。
これを解決するにはZZFとDVDの両方のお出かけパックを作ることが必要ですが、ZZFでお出かけパックを作るには小細工が必要になります。

とりあえず、今日はここまで。次回はWindows2000でZZFを使うためのTipsです。ZZFでお出かけパックを作る方法は、また後ほど。
posted by RoadRunner at 00:30| Comment(2) | TrackBack(1) | ソフトウェア

2005年12月18日

パソコン本体

Carpc-3.jpg
長さ200mm×幅150mm×高さ40mmのアルミボックスに、
Carpc-5.jpg
長さ182mm×幅112mm×高さ12mm?のこのマザーが入ってます。
同じ大きさでCPUがCeleron500のもあるのですが、処理能力は確かに向上するものの、夏場の発熱が酷くなるため現在は450MHzを使っています。
外部I/FはVGA、USB1.1、PCカードスロットのみなので、殆どの周辺機器はUSBで接続。
本当はUSB1.1に全部繋げられればいいのですが、さすがにGPSと音源とタッチパネルを繋ぐと処理しきれないようで、タッチパネルの反応が極端に鈍くなるので、仕方なくUSB2.0のPCカードを入れてます。

ちなみに次世代機に導入予定のマザーボード↓
Carpc-6.jpg
FMV-BIBLO MG800のマザーです。
超低電圧版Pen3/800を積んでいるので、熱対策をあまり考えなくて良いのですが、残念ながらサイズがやや大きくて155×165mmほどあります。
丁度いいケースがあればいいんですが、なかなか見つからないため計画は頓挫しています。
posted by RoadRunner at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア

2005年12月14日

Navi画面

Carpc-2.jpg
こちらがNavin'You5.5によるナビゲーション中の画面。地図は最新のゼンリン全国版10拡張フォーマット専用をお出かけパックにして使ってます。
最新版地図の使用方法やお出かけパックの作り方とかは別の機会に。
いずれにしても、約4年前のNavin'You専用地図に較べると、地図にない道を通ることも無くなり、かなり使いやすくなりました。これでNavin'Youの寿命も延びたというものです。
ちなみに、普段はRoadRunnerのメイン画面を出して、ナビはバックグラウンドで動かし音声案内だけを聞いていて、音楽はHDDのMP3やm4aをWinampで聞いてます。とりあえずこれぐらいのことなら、Celeron450+192MBRAMでも何とかなります。でも、夏場は結構熱くなるので、いずれPen3/800のマザーに載せ替えたいなぁ。
posted by RoadRunner at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア

第1段階達成

Carpc-1.jpg

とりあえず、当初計画の第一段階をクリアしました。
画面はPC用8インチタッチパネルモニタとTV用5.6インチ液晶モニタです。
本当はTV用のモニタは使わずにチューナーだけ流用しようと思っていたのですが、リモコン受光部がモニタ側部にあり、モニタも使用せざるを得なかったというのが真相。
まあ、豪華でいいかな(笑)。

現在の仕様を書いておきます。
T.パソコン
 マザー:FMV-BIBLO MC450(Celeron450MHz)
 HDD:10GB
 RAM:192MB
 ケース:アルミBOX(200×150×40mm)
 電源:12V→100Vインバータ(135W)→ACアダプタ
 
U.周辺機器
 モニタ:NEWISION NW819VT(8インチ 実解像度800×600 タッチパネル)
 その他:USB2.0 I/F PCカード(玄人志向 USB2.0N-CB)
     USBオーディオ入出力I/F(IBM VIAVOICE10付属) 
     TTL-RS232Cレベルコンバータ(SONY IPL500)
     USB-RS232Cアダプタ(PLANEX URS-03)
     USBハブ(ELECOM)
     GPSレシーバー(SONY IPS5200)

     
posted by RoadRunner at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア